亥之吉 ino-kichi は京都発のモダン和柄雑貨ブランド

電話番号 075-812-0088

受付時間:月〜金(9:00〜17:30)

  • ログイン
  • 会員登録
カートに商品がありません。

現在の中身:0点



亥之吉会員登録

亥之吉メディア情報

亥之吉イベント情報

亥之吉母の日無料ラッピング

  • 柄で選ぶ
  • 営業日カレンダー
2017年 06月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
今日
・・・休業日
2017年 07月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      
・・・休業日

亥之吉中トート

メールマガジン
メルマガ登録/解除はこちら


亥之吉中6寸ポシェットがま口

亥之吉さんかくポーチ 大 がま口ハンドバッグ

亥之吉さんかくポーチ 小 がま口ポーチ

亥之吉ベンリーがま口

亥之吉中トートバッグ

亥之吉3.3寸丸がま口
手の平サイズの小銭入れ
3.3寸丸がま口

亥之吉カードポーチ
通帳やカードを収納
カードポーチ
 
会社紹介
 

会社概要

会社名 京美染色株式会社
所在地 〒602-8155
京都市上京区智恵光院通丸太町下ル 1筋目東入主税町949

※世界遺産二条城の北にある二条公園北側、元NHK京都放送局の北側です
代表者 大塚 晴夫
TEL 075-812-0088
FAX 075-812-5041
URL http://www.kyobiijt.co.jp/ (コーポレートサイトへ移動します)
資本金 1,500万円
創業 昭和14年4月
設立 昭和25年8月16日
工場 [亀岡工場] 〒621-0033
京都府亀岡市稗田野町佐伯三重代 TEL 0771-24-6860
業務内容 ハンドプリント・インクジェットプリント捺染システムによるテキスタイルプリントおよび製品OEM。
自社企画の雑貨ブランド「亥之吉」の製造販売。
工場設備 手捺染台:6台 型洗機:2台
前処理台:2台 前処理機:1台
インクジェット捺染システム:2台
沿革 昭和14年 中野悦男が京都市中京区壬生松原町にて友禅染工場として創業。
昭和17年 第二次世界大戦中は軍需工場に転換を余儀なくされ、リベットやキャタピラーなどを生産。
戦後は軍需工場時の設備を使って鍋や釜を製造。
昭和23年 染工場として再興。
昭和25年 法人化し京美染色工業株式会社を設立。
昭和28年 現在の京美染色株式会社に社名変更。
昭和58年 創業者の長男中野善博が代表取締役に就任。
昭和62年 本社を現所在地京都市上京区主税町に移転、工場機能を亀岡(現工場)移転。
留袖、小紋など和装用の捺染をメインに、京都室町筋の得意先より受注。
平成 元年 浴衣など和装関係の染色加工を主力に規模を拡大。洋装、雑貨用生地の加工を始める。
平成 7年 大塚晴夫(現代表取締役)が代表取締役に就任。
平成 12年 コニカミノルタ製インクジェットプリンターを導入し、デジタルプリントシステムの構築に着手。
平成 17年 インクジェットプリンターを活用してアロハ、Tシャツ、傘等のファクトリーブランド「亥之吉」を立ち上げる。
平成 22年 雑貨小物ブランドとして「亥之吉」をリニューアル。自社で製造販売し販路を拡げ現在に至る。
平成 26年 京都府「知恵の経営」実践モデル企業認証
亥之吉ブランド 亥之吉は京都の染め屋、京美染色株式会社が提供するオリジナルブランドです。
和モダンな柄が特徴ですが、このデザインの発端は
自社で所蔵している明治時代からの数冊の図案集です。

手描きで描かれた柄はどれも素晴らしく、
なんとも面白く私たちの目に映りました。
これを復刻し、たくさんの方に「見ていただきたい」という
思いから亥之吉ブランドは始まりました。

↓詳しくは「亥之吉の秘密」をごらんくださいませ。